歯周治療をベースにした診療システムの構築

dscf7393dscf7387dscf7385
倉敷 歯科 倉敷 歯医者の正畠歯科の正畠です。
12月11日に大阪で三上 格先生の講演会に参加してきました。
歯周病治療には炎症のコントロールだけでなく、力のコントロールも必要です。
歯周治療は原因除去は必要で、炎症因子である細菌をプラークコンロロール、PMTC、SRPで対応していき、外傷性因子である力は補綴治療、スプリント療法で対応していきます、またこれに加えて、生活習慣の習癖指導も必要になってきます。
 また、ホリエモンの本も紹介していただきました。