MTAが可能にした、歯髄・歯牙保存の極意とリカバー


倉敷 歯科の正畠歯科の正畠です。4月23日東京、ベルサール神田にて岡口守雄先生のMTAセメントのセミナーに参加してきました、
 岡口先生は、抜髄症例でもテクニックとMTAセメントを用いて歯髄保存をされたり、難治性の根尖性歯周炎に対しては、自ら考案されたOKマイクロエキスカとMTAセメントを用いてリカバーされておられます、今回で2回目の参加でしたが、毎回新しい症例を見せていただきながら、
私も実践していこうと思いました。