訪問歯科・介護施設の皆様へのお知らせ

訪問歯科診療について


ご自宅に歯科医師が往診します!!

食事をおいしくいただくことは、大きな喜びです。また、高齢者にとって食欲を持つ事は、体力を保つ為にも大切なことです。 口の中が痛かったり、入れ歯が合わなかったりすると、食欲も落ちてしまいます。 皆様が楽しい食生活を送れるよう、お役に立ちたいと考えております。 通院困難な高齢者の方のお宅や施設に、当院から往診いたしますので、お気軽にご相談下さい。

歯の無料相談

介護を必要とされる方のお口の中の清掃は、健康な人に比べると困難をともなうことが多く、その結果、次のような症状がしばしば起こります。

  • 口の中が痛い(むし歯・入れ歯の不適合・歯ぐきの腫れなど)
  • 歯がグラグラして噛みにくい
  • 口臭がする
  • 食事がうまくできない(むせる・飲み込めない)

ご本人に自覚症状がない場合でも、ご家族の方が介護される方は、お口の中を見て差し上げてください。
認知症がある場合など、かなり進んだ症状でも、本人は痛みを訴えないこともあります。
特に注意してあげてください。

治療内容

  • 義歯の調整・作製
  • むし歯治療
  • 歯ぐきの治療
  • 口腔ケア

訪問歯科診療の様子

訪問歯科診療の様子
▲訪問診療で入れ歯の製作、入れ歯の修理を行っている写真です。



人生を変える"噛める入れ歯" とは?

2016年4月3日放送されたTV番組『新報道2001』「人生を変える"噛める入れ歯"」という入れ歯に関する内容がありました。

当医院では、この入れ歯の技術を主に訪問歯科のご利用者の方向けにご提供しています。

現在日本では65歳で8割以上の方が入れ歯を入れていると言われています。
しかし多くの人が合わない入れ歯、かめない入れ歯を使っています。
噛めない入れ歯を噛めるようになれば、認知症の症状を改善また進行を遅らせたりすることができます。
実際に歯の本数が多い程転んでしまうのことが少なく、しっかり噛めていない人の認知症はそうでない人の1.8倍というデータもあります。

これは噛めることで歯をくいしばる事ができて、力が入れられるということと、脳の記憶をつかさどる細胞を刺激しているからと考えられています。
入れ歯をかめるようにし、食事がきちんとできるようにすることは患者様の健康につながります。


訪問歯科診療料金表(居宅)

訪問歯科診療は、「訪問診療費」+「治療費」+「居宅療養管理指導費」の3つの料金が発生します。

例)前期:後期高齢者保険証をお持ちの方の場合

※医療保険から「訪問診療費」として、一回につき830円(1割負担の方)がかかります。

治療

1割負担の方 3割負担の方
歯のお掃除 歯石取りなど(1回) 1,500円 2,700~4,500円
虫歯の治療 小さいもの(1本) 1,200~1,700円 3,600~5,100円
金属のかぶせ物をする場合(1本) 2,400~4,600円 7,200~13,800円
抜歯 1本 1,000~2,000円 3,000~6,000円

入れ歯の作製(型取りから出来上がるまでの金額)

1割負担の方 3割負担の方
総入れ歯 上下両方の場合 10,000~14,000円 30,000~42,000円
片方だけの場合 8,000~10,000円 24,000~30,000円
部分入れ歯 上下両方の場合 7,000~11,000円 21,000~33,000円
片方だけの場合 6,000~8,000円 18,000~34,000円
残っている歯が5本以下の場合 上下両方 8,000~12,000円 24,000~36,000円
片方 6,500~8,500円 19,500~25,500円

入れ歯の修理・調整

1割負担の方 3割負担の方
修理 片方 1,100~2,100円 3,300~6,300円
調整 1,000~1,500円 3,000~4,500円

介護保険から「居宅療養管理指導費」として下記金額が毎月かかります。(ケアプランとは別枠になります)

内容 1回目 2回目 3回目 4回目
歯科医師がお伺いした時
利用限度回数(月2回)
503円 503円
衛生士がお伺いした時
利用限度回数(月4回)
352円 352円 352円 352円

※生活保護の方:医療保険・介護保険の費用負担はありません。
※障害者の方:障害の程度により医療保険の費用負担はありません。
※歯科を含む全ての医療機関での月額合計金額を超えた料金に関しては、「償還払い制度」により、後日返金されます。詳しくは、福祉保健課にお問い合わせ下さい。

尚、上記金額については患者様の口腔内の状態・診療回数等により前後する場合もございます。
ご不明な点がございましたら、お気軽に下記連絡先までお問い合わせ下さい。


ケアマネージャー・介護関係者の方へ

訪問歯科

当院では訪問歯科・往診を積極的に行っております。
担当のご利用者様のお口のお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

1.当院の訪問歯科診療・往診の特徴


訪問歯科 摂食嚥下の支援

①単なる歯科治療だけではなく、摂食嚥下の支援を行っている

当院では、歯の治療、入れ歯の作成、お口のクリーニングだけではなく、より食事がスムーズに摂れるようなサポート、ひいては全身の健康に寄与する治療を行っております。

②飲み込みのチェック、舌圧測定をしている

よりよい食事摂取・栄養摂取ができるために、検査体制も充実させています。
具体的には、食事の飲み込みレベルのチェック・舌圧測定なども行います。

訪問歯科 ケアマネの方への報告

③ケアマネの方への報告

ご依頼いただいた利用者様の治療内容に関して、定期的にケアマネ・担当者の方へご報告を行います。


2.当院へのご依頼方法、お問い合わせ


まず当院まで
お電話(086-422-3027) もしくは メール(info@shobatake.com) をください。

訪問診療の依頼をしたいと言ってもらえれば、歯科医師と歯科衛生士が訪問する日時の調整をさせていただきます。但し、当院が往診ができる範囲は、当院の所在地から半径16キロ圏内となります。(不明な場合はお問い合わせください。)



介護施設の皆さまへのお知らせ

当院スタッフが介護職員の方が現場で実践しやすいよう、「週2回でOK!誰でも簡単にでき誤嚥性肺炎を減らせる」独自の口腔ケア手法を出張講習いたします。

しょうばたけ歯科がお教えする「口腔ケア」を行うことでこのような効果があります。

1.食べられる舌作り

舌は食塊を中央にのせ飲み込む寸前に上顎に持っていく働きがあります。上手に飲み込むためには、舌が長く柔らかくお椀の底になることが肝要。タンクリーナーでケアする時に同時に飲み込みできる舌づくりをします。タンクリーナーで舌の中央や脇をゆっくり長く伸ばす運動とケアを同時にする事で食べられる舌を作ることができます。
(きんさんぎんさんは歯がなくても舌がしっかりしていたため入れ歯を入れていなくても大丈夫だった。)

痛くないタンクリーナー(舌ブラシ)
痛くないタンクリーナー(舌ブラシ)


2.ヌメリが取れる入れ歯ブラッシング手法

入れ歯は裏面が特にヌルヌルしている。ほとんどが「デンタルバイオフィルム」です。このヌメリを完全に除去すると、数日間はヌメリを感じません。
歯磨き剤を選んで使用し、専用ブラシと歯磨き剤のコラボレーションでヌルヌルが除去されると、独特の臭いまで除去され、入れ歯にも傷がつきません。
入れ歯のツルツル感がある間は、流水で入れ歯を洗い流すのみでケアは完了。介護時間がすこぶる短縮できます。

特殊な義歯用ブラシ
特殊な義歯用ブラシ

義歯用歯磨き剤
義歯用歯磨き剤

入れ歯用除菌剤
入れ歯用除菌剤


3.バイオフィルムをはぎ取る歯ブラシ手法

歯の表面の汚れは、特に歯茎の周りや歯と歯の間に頑固な汚れとなって付着しています。たった1本の歯ブラシでこの頑固な汚れを落とすことは介護現場では重要なポイント。歯茎の周りと歯と歯の間だけを集中してバイオフィルムを剥がす要領で除去すると数日間はツルツルしています。数日間の歯のケアは時間を要しないのが特徴です。

先が丸くなっている特殊歯ブラシ
先が丸くなっている特殊歯ブラシ

ホワイトニング効果のある歯磨き剤
ホワイトニング効果のある歯磨き剤

義歯用歯磨き剤
義歯用歯磨き剤


4.口腔マッサージ

口腔マッサージが大切だと言われる3つの理由
①認知症の予防
口腔をマッサージすることで、血流が改善され、脳への刺激で、脳が活性化される。
②かぜなどの予防
口腔内に存在する悪玉菌、歯周病菌が体内に侵入するのを防ぐことができるので、疾患の予防ができる。
③唾液サラサラ
正常な健康だ液に変わるので、必要な栄養分を効率よく体内に取り込むことができる。

人の口腔内には、足裏と同様に臓器のツボが多数存在しています。全身のリラクゼーション及び各臓器に効果的なツボが存在しています。

保湿効果のあるシルク配合ジェル
保湿効果のあるシルク配合ジェル


この技法は「ピュア富山」という歯科衛生士事務所 代表 精田紀代美氏が開発した独自の口腔ケア技法で、しょうばたけ歯科のスタッフはこの手法をマスターしています。



▼診療予約・お問い合わせはこちら

TEL:086-422-3027

TEL:086-422-3027


お問合せフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加