知っておきたいケア製品処方の鉄則

ezakimorita2morita

倉敷 歯科の正畠歯科の正畠です。

10月4日(日)大阪にて当院の歯科衛生士の江﨑と一緒に、加藤正治先生のケア製剤についてのセミナーに参加してきました。ケア製品は患者さん一人一人に合った適切な製剤を適切に処方する「適剤適処」が必要で、位相差顕微鏡などで細菌を見る力と必要な成分やアイテムをケースに応じて選択できる力を身に着けておくことが大切であるといわれていました。

セミナーの中では実習もあり、歯磨剤の研磨力、フロスの清掃力、グリコのポスカの水溶性実験、歯間ジェル実験と製品の違いがよくわかりました。