増加する歯根破折への対応

003

029004

先月、東京のペンテロンジャパンにて真坂先生主催の歯根破折の接着治療のセミナーに参加して来ました、iTFC、根築一回法習得のセミナーです、
 写真は、破折歯牙を一度抜歯して接着後再植する方法のデモです。

訪問歯科専用車

042041

この度当院では訪問歯科専用の車を新しく導入しました、鮮やかな青色の車です、
また、ナンバープレートも良い歯に(4182)にしております。
 すでに倉敷市内、総社市内へと専任の歯科衛生士と共に活躍しております。
当院に来院できない患者様の自宅、施設へと参りますので、お困りのときはどうぞ申込みしてください。

超高齢者社会での無歯顎への対応

035
074037062

先日 横浜の歯科技工所のメディナ主催の 総義歯のセミナーに参加して来ました、
横浜で開業されている田中五郎先生のセミナーです。
解剖学的メルクマールを基準としたデンチャースペース義歯作成法です。
歯科医泣かせのフラビーガムの考え方、ゴシックアーチの考え方など非常に有意義な2日間でした。

日本口臭学会

005003006

第7回学術大会が名古屋の名城公園の愛知学院大学で開催されました。
今回のテーマーは「口臭からからだを診る」です。つまり全身の変化が口臭にどのように影響しているかということです。
 また18日には、シンポジウムとして「口臭への拘りをどう評価し対応するか 問診の進め方・検査」では3名のシンポジストの方にご登壇していただき、特にほんだ歯科の本田俊一先生の認知行動療法のご講演は大変興味深い内容でした。

顎咬合学会

001
正畠歯科の正畠です、
6月12日に東京フォーラムにて行われた顎咬合学会に参加してまいりました、
今回、阿部修先生、倉富覚先生、平井順先生の歯内療法学の講演に午前中参加して来ました。

BPSクリニカルセミナー

024

025

6月に大阪のイボクラにてBPS義歯のクリニカルセミナーに参加してきました、
BPSデンチャーの特徴は、閉口機能印象と咬合採得です。
大阪大学の松田先生はBPSデンチャーのインストラクターをされており、総義歯の症例だけでなく、部分床義歯の症例にも応用できる方法を教えていただきました。
 当院では義歯の患者さんが多く、すべての患者さんにBPSのテクニックを使っているわけではありませんが、今後は幅広くすべての症例に応用できると思います。

介護保険セミナー

2月14日(日)くらしき健康福祉プラザにて、広島大学の二川浩樹先生の「入れ歯のお手入れとお口の健康への新しいアプローチ」という演題で介護保険セミナーに参加してまいりました。

義歯の清掃に必要な義歯洗浄剤の適切な使い方や、口腔内感染症の原因となる原因菌を抑制するために、口腔内細菌同士の総合作用活用する取り組み、従来抗菌性をもっていない物に抗菌性を付与する取り組みについても紹介していただきました。030